Google Cloud Shell とは

Google Cloud Shell はブラウザ上で動作して, Google Cloud Platform 上のサービスにアクセス, 操作することができるシェルです。

また, あらかじめ Go の環境が設定されているため, すぐに Go のプログラムを書くことができます。

下記のURLにアクセスします。

https://console.cloud.google.com/?hl=ja

Google Cloud Console を利用したことがない方は, 以下の規約同意画面が表示されます。

選択肢を "はい" に選択し, "同意して続行" をクリックしてください。

"プロジェクトの選択" をクリックします。

プロジェクトを選択する画面が表示されます。

利用するプロジェクトを選択して, "開く" をクリックしましょう。

"Cloud Shell をアクティブにする" ボタンを押下します。

コンソールが立ち上がります。

コンソールで, Go のプログラムを取得するコマンドを入力します。

$ git clone https://github.com/WomenWhoGoTokyo/codelab.git

"Cloud Shell をアクティブにする" ボタンを押下します。

コンソールが立ち上がります。

app.yaml が配置されているディレクトリでコマンドを実行することで, Google App Engine へのプログラムの公開が行われます。

コンソールで, Go のプログラムを公開するコマンドを入力します。

$ goapp deploy --application {アプリケーションID} --version {バージョン} .

アプリケーションIDとバージョンは, コマンドライン引数で指定します。

"コードエディタの起動" ボタンを押下します。

エディタが起動します。

左側がファイルの一覧, 右側がエディタです。

それでは, はじめましょう!